XOOPS Protector 3.14 beta でコメントスパム対策

スポンサードリンク

XOOPS 2.0.16a JP に XOOPS Protector 2.57 をインストールしてあったんだが、最新版の Protector 3.14 beta でコメントスパム対策が出来るらしいのでアップデートしてみる。

XOOPS Protector 2.57 から 3.14 beta へのアップデート方法

インストール方法は Xoops Users Group Japan – ProtectorV3 に書かれていますが、簡単にまとめてみます。

1. Xoops Protector 2.57 のアンインストール

稼働中サーバからダウンロードした mainfile.php の

include( XOOPS_ROOT_PATH . '/modules/protector/include/precheck.inc.php' ) ;

と書かれてある所と

include( XOOPS_ROOT_PATH . '/modules/protector/include/postcheck.inc.php' ) ;

と書かれてある所をコメントアウト後アップロード。私の場合はファイルの末尾付近に書かれていました。

それから、XOOPS_ROOT_PATH/modules/ 内の protector フォルダを削除。

2. Xoops Protector 3.14 beta インストールの前準備

非公開ディレクトリに新しいディレクトリを作成して、mainfile.php に以下の様な定義行を挿入後アップロード。環境に合わせて編集してください。私は XOOPS_ROOT_PATH のすぐ下に書きました。

define('XOOPS_TRUST_PATH','/home/yourhome/xoops_trust_path');

3. Xoops Protector 3.14 beta のインストール

Protector 3.14 beta のページからモジュールをダウンロード後、解凍。

解凍したファイルの html と言うフォルダの中身を ROOT_PATH 側に、xoops_trust_path と言うフォルダの中身を TRUST_PATH 側にアップロード。

XOOPS_TRUST_PATH/modules/protector/configs フォルダのアクセス権を 777 に変更。

モジュール管理画面からアップデート。

4. mainfile.php の書き換え

手順 1 でコメントアウトした行を次の様に書き換え。

include XOOPS_TRUST_PATH.'/modules/protector/include/precheck.inc.php';

と言う行と

include XOOPS_TRUST_PATH.'/modules/protector/include/postcheck.inc.php';

と言う行を書き換えてアップロード。以上でインストール終了。

XOOPS Protector 3.14 beta から 3.17 beta へのアップデート方法

ファイルを入れ替えて、モジュール管理画面からアップデート。

フィルタープラグインを使う

ここからはオプションな訳ですが、日本語を含まない書き込みもスパムとして判定したいので、

postcommon_post_need_multibyte.php

XOOPS_TRUST_PATH/modules/protector/filters_disabled/

から

XOOPS_TRUST_PATH/modules/protector/filters_enabled/

に移動してフィルターが動作する様にしておきました。

ゲストユーザーの書き込みでテストしてみる

早速、ゲストユーザーとして書き込みをしてみました。

  • 日本語を含まないコメント。
  • リンクが5つ以上あるコメント。

上記、どちらかの条件に当てはまると書き込みが出来なくなりました。大成功!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。